アーカイブ
カテゴリー
  • カテゴリーなし
2014年7月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

プリン体に注意

痛風は、血中に含まれる尿酸の値が高くなることによって起こる病気です。正式には「高尿酸血症」と呼ばれます。
本来、尿酸は尿によって体外へ排出されます。ですが、尿酸値が高くなると排出し切れなくなって結晶化します。その結晶が関節にたまって激しい痛みを起こすのが、代表的な症状です。

痛風になると、薬物治療と食事療法による治療が必要となります。
発作的な激しい痛みを予防するため、薬の服用と食事療法で、日頃からケアしなければなりません。
近年は、効果的な薬が開発されたため、食事制限がずいぶん緩くなったと言われています。
とは言うものの、痛風は、一度かかると完治することは基本的にない病気です。そのため、予防することが大切です。

痛風の予防と食事療法で最も大切なのは、プリン体を含む食品の摂取を控えることです。
プリン体は、体内で分解されて尿酸となる成分です。そのため、プリン体の摂取を抑えることが体内の尿酸を減らすことに効果的であり、痛風の予防や緩和につながります。
プリン体は、肉や魚の内臓類に多く含まれています。なお、プリン体は水溶性なので、肉や魚から取った出し汁にも溶け込んでいます。

鶏・豚・牛のレバー、マイワシ、カツオ、マアジ、白子、あんこうの肝、さんまなどは、プリン体を多く含む食品です。痛風の食事療法を行っている時には、摂取を控えるのが大切です。
なお、豆類、きのこ類、ほうれんそうといった食品にもプリン体が多く含まれています。ですが、野菜に含まれるプリン体は、痛風の発作を引き起こさないという研究報告がされています。

イチ押しリンク

介護食のレシピを紹介したサイトがこちらです【毎日すこやか介護食レシピ集】